液体金属と簡易水冷

殻割した後に、液体金属を塗布してからIHSを元に戻す手法が増えてきました。
これはダイもIHSも液体金属による金属への影響が少ないということですが、一部の金属を溶かす性質があることから、使用している簡易水冷を含む水冷ブロックへの影響を心配してIHSとクーラーの間はグリス使用が多いのも事実です。

そこでどの程度影響があるのか、テストしてみました。

テストで使用したのは2012年に発売された

KUHLER-H2O-620という製品

https://kakaku.com/item/K0000234280/spec/#tab

ウォーターブロックには銅と書かれているため、テストに採用しました。
今回はIHSではなく、ダイに液体金属を塗布し直接水冷ブロックを装着しました。

ではその後の状態を確認します。

ROCKITCOOLJAPAN SHOP

見る限り液体金属による反応はなさそうでした

ここで表面をきれいにするためにFlitzPolishを使いました。

表面の色は少し薄くなりましたが、綺麗になりました。
再利用も可能でしょう。

銅製のブロックの明記があれば液体金属をクーラー側にも塗れることがわかります。周りへの影響ですが液体の垂れもなくマザーボードへの影響もありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA