5/25付その2

こちらのお客様はCoppeIHS装着のお客様でした

殻割前の起動テスト

テスト機にてBIOS起動テストの後、設定を入力し、OS起動後に簡易のストレステストを行います。

  • Vcore1.28V
  • クロック42倍*100MHz

メモリなどは特に設定しません。最近は固有のCPUをある程度特定することが可能になりましたので、とくにVIDも保存しなくなりました。

テスト中。水枕の向きが上下逆ですが特に気にしておりません。

殻割実行

メンテの順番ですが、殻割後にSTIMはそのままにしてテープで固定し、まずはシーリングを剥がします。その後絶縁処理を行い、最後にSTIMを除去します。

STIMの除去

絶縁処理部分を確認し、剥がれたところを塗りなおし

CopperIHSのメンテ

表側は後でもできますが、裏は装着後にメンテはできませんので、軽くFlitzPolishで磨いた後、無水エタノールで何度か塗布してしっかりと脱脂します。ここの処理を適当にやってしまうと温度効果に影響がでます。

再装着

再装着にはシリンジを使っています。分量を少なくきれいに排出できるので便利です。

乾燥後に磨き

12~24時間おいてからガイドを外し、磨き作業をします

動作テストを行い、基準値内にありましたので、梱包を行い出荷しました。